大特集☆金属3Dプリンター厳選6社

金属3dプリンターの利点と注意点とは

HOME > 金属の3dプリンターについて > 金属3dプリンターの利点と注意点とは

金属3dプリンターの利点と注意点とは

3dプリンターの存在は今では多くの人が知っていますが、その中でも近年注目を高めているのが金属の3dプリンターです。
金属の3dプリンターでは、従来の方法では作ることができないとされていた形状を作ることができるという点が画期的となっています。
試作品を作る際にも、従来ならば委託すれば一ヶ月ほどかかっていた作業ならば、3dプリンターを使えば一週間ほどで仕上がり、試作品をスピーディーに作ることができるので、どんどんと作業を進めていくことができ効率的と言えます。
量産する場合と少数生産の場合では、コストがほぼ変わらないので、一品物や少ない数でも手軽に作ることができ、中小規模の企業にとっても、かなり役立つ存在として近年では導入を考える企業がかなり増えていることは確かです。


金属の3dプリンターにはありとあらゆるメリットと魅力がありますが、当然良い点ばかりというわけではありません。
従来の成形加工や切削加工に比べると、一つの形状を作ることに対しては造形時間がかかるということがまずあげられます。
造形時間がかかるということは、当然のことではありますが大量生産には向いておらず、大規模な企業など大量生産することで利益を上げようと考えている場合には向いているとは言えません。
それだけではなく、まだそれほど普及していないこともあり材料の金属粉末はもちろん、3dプリンター自体が高価であり、導入を考えるとなれば初期費用押してもある程度まとまったお金が必要となり、維持していくためにも金属の粉末である程度の出費となることが、デメリットではないでしょうか。


金属の3dプリンターを導入するとなれば、専門的に販売している業者から購入しようと考えるのではないでしょうか。
少し前ならば販売店はあまり多くはありませんでしたが、近年注目を集めていることも影響しており、販売店の数は右肩上がりとなっています。
どこで購入しても同じというわけではないので、3dプリンターの種類や販売価格をしっかり比較してから購入するようにしましょう。
3dプリンターをいかにうまく活用できるかのアドバイスをしてくれたり、万が一の事態が起きた時には迅速に修理などの対応をしてくれるのかも、大切な比較のポイントとなってきます。
3dプリンターは今後新しい製造方法が進化することは確かであり、今までにないデザインや製品が生み出されることになるからこそ、導入を考える価値は大いにあります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP