大特集☆金属3Dプリンター厳選6社

パウダーべッド方式である金属用3dプリンターについて

HOME > 金属の3dプリンターについて > パウダーべッド方式である金属用3dプリンターについて

パウダーべッド方式である金属用3dプリンターについて

一口に3dプリンターとは言っても、それ自体には実に、多種多様なものが存在しています。
それらの中でも、今回の記事においては、パウダーベッド方式であるものについて触れていく事にします。
こちらのタイプである3dプリンターの場合、電子ビーム方式、レーザービーム熱源方式の、それぞれの2つが存在していますが、基本的な仕様としては、目的物である金属粉末からなる材料を機械本体内へ敷いてその上で、今話した各ビーム類からなる光線で熱して、それで造形作業のほうを進めていきながら、作業をしていくという形のものです。
ただ、機械の種類によっては、造形の際に完全に目的物自体が設計どおりに固化しない状態のままである場合には、その部分を除去をした上で、目的物本体である造形物を取り出す形になります。


まずは、電子ビーム熱源方式について触れます。
これは、電子照射ビームをプリンター本体内で高真空中において互いに衝突をさせながら、凝固や溶融とかをさせながら、溶融や凝固などをさせていくという仕様になっています。
そうした造形作業過程という段階を進めながら目的物を製作していくものですので、実に柔軟な設計による造形作業が可能になっていて、とても業界内外野世論からの注目がされています。
次は、レーザービーム熱源方式について触れます。
プリンター本体内へ造形専用の材料金属を敷き詰めた上で、凝固・溶融・溶解とかをさせながら、造形をさせていくという仕様になっています。
そして、これ自体は一度設計をしたら正確にその通りの造形作業をしてくれるメリットがある反面、柔軟な設計での作業がやりにくい課題もある仕様の機械でもあります。
それでも大変優秀なものですので、現在も開発研究が進められたりしています。


今の本文2の段落のところでも話したように、パウダーべッド方式であるものは、やはり、低電力量でありながら高出力からなるレーザーやビームなどのような熱源によって、扱いやすい操作で、造形などをしていけるといった点で、多くの方々からの好評があるものでもあります。
出力調整作業なども、かなり、簡易な操縦仕様の設定がしてありますので、これ自体はとても、評価の対象になり得るといった点で、今後も更に発達をしたものが開発をされていけるといった展望などもある感じがします。
それでもまだまだ、様々な課題といったものがある現状があり、そうした面で如何に、これから、なるだけそうした諸課題を克服をしたプリンターの開発といったものがなされていくのか、注目をされたりしていくところも確かにあります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP